東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

美容&コスメ
2014年9月17日更新
夏の紫外線でお肌はぼろぼろ!弱ったお肌のダメージケア方法
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check  
夏の紫外線でお肌はぼろぼろ!弱ったお肌のダメージケア方法

最近、肌の調子が悪いなーと感じる人が多いのではないでしょうか?
夏の紫外線やクーラーなどでダメージを受けたお肌は、秋頃に現れてくるので乾燥や肌のくすみ、肌荒れと様々な症状が出てきます。
お肌の色ひとつで一気に老け込んでみえたり...こわい!(°◇°;)
そんな夏のダメージを受けたお肌のケア方法をご紹介いたします♪

とても大切!正しいクレンジングと洗顔方法!

とても大切!正しいクレンジングと洗顔方法!

日々の積み重ねが、お肌に現れます。
正しい方法で、お肌に受けたダメージを減らしましょう!

<クレンジング方法>
1、眉や目元や口紅のポイントメイクから落とす
コットンにクレンジングをしみ込ませ、落としたい場所に30秒おき、優しく拭き取りましょう。
(こすってしまうと、角質層を傷つけてしまい、乾燥や肌荒れの原因になります。)

2、顔全体のクレンジングは、脂質の多い部分から
おでこ、鼻、頬、口周り、目元の順番で、脂質の多い場所から優しく化粧を落としましょう。

3、ぬるま湯で洗い流す
ぬるま湯で、お肌にお湯をかける感じで、丁寧にクレンジング剤を落とします。

<洗顔方法>
1、手を洗う
実は人の手は雑菌だらけなんですよ。綺麗な泡で顔を洗うために、まず手を洗いましょう。

2、ぬるま湯で2.3回素洗い
これをする事によって、毛穴が開いて奥まで汚れを落とすことができます。
適正温度は、割と熱いと感じるくらい。逆に乾燥肌の人は、ぬるいと感じるくらいのお湯がいいです。

3、洗顔料はキメ細かい泡で優しく!
手で泡立てるより、市販で売っているネットを使って泡立てる方が、素早くキメ細かい泡が簡単に作れます。

4、ここが大切!丁寧なすすぎ
顔の中心から外側に向けてしっかり泡を落とします。「もういいかな?」と思ってから、プラス3,4回くらいはすすいで下さい。

しっかりお肌に水分補給

しっかりお肌に水分補給

夏の紫外線や、日焼け止めクリームで、ダメージを受けたお肌はいつもより念入りな「保湿」が大切です。そこで、おすすめなのはシートマスクです。
今は市販で数百円くらいのお手頃価格のシートマスクも売っているので、自分に合うものが探しやすいです。
シートマスクを使う際は、乾燥を防ぐためにシートに穴があいている目元と口元にクリームを塗っておきましょう。パックが終わったら、お肌に入った水分を逃がさないように、必ず!保湿クリームをぬってください。

秋の食材は栄養の宝庫!

秋の食材は栄養の宝庫!

夏でぼろぼろのお肌は、ビタミンが不足している状態です。
そこで、お肌のターンオーバーを促すために必要なのはビタミンやコラーゲン。
秋の食材は、そんなビタミンやコラーゲンなど、美容成分がつまったものがいっぱいです♪



秋の食材は栄養の宝庫!

1.ツナとキノコの炊き込みご飯
きのこには美肌効果や体力回復に強いビタミンB1やB2、ビタミンDなどが多く含まれています。
ヘルシーなので、ダイエットにも最適です♪
レシピはこちら▶


秋の食材は栄養の宝庫!

2.【簡単!!カフェ丼】鮭とアボカドの丼れんこん乗せ
秋鮭にはビタミンA、B群、D、Eが多く含まれています。
油も良質な油なので、美容も健康にもよしです!
レシピはこちら▶

引用:レシピブログ


秋の食材は美肌にもいいですが、ホルモンバランスも整えてくれるので、
女性にとって良い事だらけです!
毎日の生活にぜひ取り入れてみてください♪

コメント

■キーワードから記事を探す
記事を検索