東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

美容&コスメ
2017年2月13日更新
今年こそ始めたい!ストレッチ習慣で手に入れる柔軟なカラダづくり
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check  

stretch.jpg

「子どもの頃はあんなに体が柔らかかったのに、今は...」なんてため息をついたことはありませんか?体が硬いと血流が悪くなるだけでなく、急な運動が怪我の原因になることも。
少し前に話題になったこちらの本に刺激され、ストレッチに目覚めた!という方もいるのでは。

どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法
著 Eiko

ストレッチを習慣づけることで、柔軟なカラダをめざしましょう。

ストレッチとは?

ストレッチとは一般的に、「体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすこと」を言います。
「筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、呼吸を整えたり、精神的な緊張を解いたりするという心身のコンディション作りにもつながるなど、いろいろなメリットをもたらす」こともあるそうです。
(出典:Wikipedia)

まずは股関節を柔らかくしたい!という人のために

ストレッチ、といえば股関節。
両足を広げてピターッと床につけられる人って憧れですよね。
ヨガやバレエなど、運動系の習い事を始めると、必ずと言っていいほど準備運動に股関節のストレッチが取り入れられています。
久しぶりに開脚して、あまりの硬さに唖然とした人もいるのでは?

少し話題になったこちらの動画をご紹介します。

書籍も出版されていますが、まずは動画を見るだけで十分。
さっそく試してみたくなった人もいるのでは?

ストレッチは少しずつ、根気よく!

「早く柔らかくなりたーい!」なんて、焦って無理は禁物。
急激に筋や関節を伸ばすことで、筋肉に負担をかけては続きません。

ストレッチをするにあたって大切なことは、「少しずつ、根気よく続けること」
「あーキツい!」と感じてしまっては、自分にとって負担になり、長く続きません。
「気持ちいい!」と感じて脳に快感を感じさせることが続けるポイント。

より効果的なストレッチのコツをご紹介しますね。

  1. 息を吐きながら行う
    これは基本!息を吐くことで筋肉がリラックスします!
  2. 反動をつけずじっくり伸ばす
    反動をつけると体が伸びないばかりか負荷がかかり、筋肉を痛めます!
  3. お風呂上がりに行う
    体が温まるお風呂上がりに行うと、筋肉も柔らかくなっており効果倍増&気持ちいい!


楽しいストレッチライフで、柔らかく美しいカラダづくりをめざしましょうね。

コメント

■キーワードから記事を探す
記事を検索