東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

忙しいとき、疲れているとき、仕事が思うようにいかないとき、すこしだけハーブの力を借りてみませんか?ハーブは、その香りが楽しめるだけでなく、からだの調子を整えたり、ココロとからだを美しく磨いたりする働きがあるのです。忙しいからこそ、ハーブといっしょの時間を大切にしたい。そんなメッセージを込めてお届けします。

ブルーマロウのバスソルトでリラックス!

ブルーマローのバスソルトでリラックス!天然塩とハーブを使って、さっぱり入浴剤を作ってみませんか?

天然塩には発汗作用があり、たっぷり汗をかくのでダイエット効果も期待できるうえ、お肌もしっとりつるつるになっていいことづくめ。

手作りバスソルトの作り方はカンタン。天然塩にハーブの粉末やアロマオイルを混ぜるだけ。今回は、ブルーマロウとラベンダーを使ったバスソルトをご紹介します。

ブルーマロウは、色を楽しむハーブ。鮮やかなブルーの色が目を楽しませてくれるほか、美白・美肌作用もあります。ラベンダーは、リラックスの定番としてアロマテラピーでも有名なハーブ。さわやかな香りは、バスタイムにぴったりです。また、ラベンダーには肌荒れを鎮め、健康的な肌にするスキンケアの作用もあるので、季節の変わり目の敏感肌にもやさしい、入浴剤には最適なハーブです。

材料(5〜6回分)
・天然塩(岩塩)...300g

・ブルーマロウドライハーブ(ミキサーやコーヒーミルで粉末状にしたもの)...5g

・ラベンダーアロマオイル...20滴


<作り方>

(1)乳鉢または大きめのボウルに天然塩、粉末状のドライハーブを入れ、よく混ぜる。

(2)アロマオイルを加え、さらによく混ぜて完成。使うときは、お湯を張ったバスタブに大さじ2杯程度を入れ、よく混ぜてから入浴を。


ドライハーブの粉末を手に入れるのが難しい場合は、ラベンダーアロマオイルだけでも、充分楽しめます。手作りに慣れたら、アロマオイルをいろいろアレンジしてみるのもいいですね。

ラベンダーの名前は、「洗う」という意味のラテン語に由来します。古代ローマでは、公共浴場で入浴剤として使われていたほか、洗濯にも用いて、衣類に芳香をつけていたとも言われます。「香りの庭の女王」とも呼ばれるさわやかな香りは、古くから人々に愛されてきたんですね。
バスソルトのハーブ別効能例はコチラ>>



ブルーマロー
■学名:Malva sylvestris  ■科名:アオイ科 ■原産地:ヨーロッパ ■用途:バスソルト、ハーブティー ■効能:喉の痛み・咳止め・消化不良・美肌効果


バスハーブティー