東京ビューティー 「スキ」で繋がるコミュニティ。東京女子のキレイとライフスタイルを応援!

忙しいとき、疲れているとき、仕事が思うようにいかないとき、すこしだけハーブの力を借りてみませんか?ハーブは、その香りが楽しめるだけでなく、からだの調子を整えたり、ココロとからだを美しく磨いたりする働きがあるのです。忙しいからこそ、ハーブといっしょの時間を大切にしたい。そんなメッセージを込めてお届けします。

恋するふたりにサンダルウッドのお香を!

恋するふたりにサンダルウッドのお香を!もうすぐクリスマス!街はイルミネーションで彩られ、行き交う人々もこころなしかウキウキしているよう。今年のクリスマスは、どう過ごしますか?最近では、高価なレストランで食事より、おうちでホームパーティー、なんて方も多いようです。彼とおうちで過ごす方も多いのでは?


今回は、おうちでのんびり過ごすクリスマスにぴったりな、彼とLOVELOVEな雰囲気を盛り上げるアロマテラピーをご紹介したいと思います。


サンダルウッドは「媚薬」の効果を持つハーブ
サンダルウッドは、催淫効果が大きい東洋的芳香が特徴。オリエンタル系のパウダリーな香りは古代から媚薬の効果があるとして知られてきました。サンダルウッドは、主にお香の原材料に使われることで有名。お部屋にただよう甘く甘美な香りは、彼をその気にさせるハズ。ふたりの愛がより深まる時間が持てるといいですね!


今回ご紹介するのは、コーン型のものですが、棒状に伸ばしたり、クッキーの抜き型を利用したりして、自分なりにアレンジしてみるのもいいですね。ひとつひとつの作業はわりあい手間がかかるものなので、初めての方はキットを購入して作るのをおすすめします。


<材料>
サンダルウッドの精油 5〜15滴
ハーブパウダー(ドライハーブをミキサーで細かくしたものでもOK) 20g
ベンゾイン(固形樹脂) 5g
ハチミツ 小さじ1
水 小さじ2


<用意するもの>
乳鉢 
乳棒
厚紙(4cm×4cm程度)
テープ


<作り方>
1.乳鉢にベンゾインを入れ、乳鉢でパウダー状にする。

2.(1)にハーブパウダーを入れてよく混ぜ合わせる。

3.水にハチミツを入れて溶かす。これを(2)に少しずつ入れて練り、手でこねられる固さになったら精油を入れる。

4.厚紙を円すい状に丸めてテープで止め、この中に(3)を詰める。2〜3日ほど乾燥させて出来上がりです。


サンダルウッドの香りには持続性があり、就寝前のアロママッサージに使えば、翌日は1日中からだからほのかに立ちのぼる芳香を楽しむことができます。また、肌をやわらかくする美容効果も高く、肌質を選ばずに利用できるのが魅力的です。ハンドクリームなどの化粧品にも用いられ、ひびやあかぎれなどの炎症を抑えるはたらきがあるそうです。

サンダルウッド
■学名:Santalum album ■科名:ビャクダン科 ■原産地:インドネシア ■用途:アロマ、芳香浴、マッサージオイル、マグカップアロマ ■効能:リラックス効果、抗炎症作用、恋に効く、喉の痛み


アロマ